⑭10/21「つながり」

  朝夕は少し肌寒さを感じる季節になり、学校では、エアコンの使用がほとんどなくなりました。10月に入り、学校行事や先生方の対外的な研修等も行われてきており、職員室のホワイトボード(行事予定)もほぼ埋め尽くされ、学校の日常が戻ってきた気がします。
生徒も職員も毎日早朝より、これまでと変わらず、あいさつ・校内美化活動に励んでいますが、あいさつを盛り上げようと学校長は、毎朝校門で、「あいさつ運動応援ソング」を熱唱しています。本日は、青年会の皆さんも加わり、いつもより盛り上がりました。そして、3時間目の1年生、4時間目の3年生の体育(ソフトボール)の授業には、お忙しい中、仕事も都合をつけられて、青年(中には壮年)の皆さん約10名が一緒に参加し、ソフトボールの対戦を行いました。日頃は、少ない人数での授業ですが、この時間は、笑顔や笑い声に包まれ、楽しい雰囲気で授業が進んでいきました。
 本日もそうですが、今年度は、青年会を中心とした皆さんが、どんどん学校へ足を運んでくださり、授業参観や部活動等、様々なご支援をいただいています。
 このように学校と地域がつながり支え合う関係が強化され、生徒・保護者・地域に開かれた、地域と共に歩む「島(地域)の学校」づくりを通して、島たちを見据えた子供たちに必要な力が身につけられるよう、これからも益々、地域との連携を大切にしていきたいと思います。

DSC_0011 DSC_0067 DSC_0092 DSC_0140 DSC_0095