自然体験学習

5月15日、勢理客漁港近くの海岸で自然体験学習を実施しました。

昨年度は、屋那覇島での実施でしたが、今年度は、昨年度の反省等を踏まえ島内での実施となりました。

 今回の自然体験学習では、網を使った漁をメインに計画を立て、

5月13日には、島内の講師を招聘して全校生徒・職員で疑似体験を学校で行いました。

前日に網の準備、当日午前中に網の仕掛けを地域の皆様のご協力により執り行いました。

干潮になる時刻を見通して現地に集合し、生徒、保護者、職員が一斉に浅くなった海に降りていき

網に掛かった魚を手づかみで次々に獲っていきました。

生徒のみなさんは、協力し合って魚を岩場に追い込んだり、

大きな獲物に逃げられるハプニングなどもありましたが、歓声をあげながら漁を楽しみました。

大漁の後は、内花橋公園に移動して、野外炊飯の時間です。

各班に分かれ、魚をさばき、かまどで蒔きを燃やして思い思いに料理を楽しみました。

中には海水から塩を作ったグループや生地から作るピザ、アクアパッツアなどの手の込んだ料理にチャレンジした班もあり、

みんなで協力して作った料理に笑顔を浮かべていました。

 今回の自然体験学習の実施に際し、諸見区の東江博史さん、仲田吉光さん、

伊是名区の伊佐川正雄さん・正直さんには大変お世話になりました。

また、生徒の安全確保に努めていただきました村消防団、

氷を提供いただきました漁業協同組合の皆様のおかげで大変有意義な自然体験学習となりました。

ありがとうございました。

伊是名の自然にも感謝をしつつ、学校として、次年度に向けて改善を加えながら、

より充実した自然体験学習になるよう取り組んでいきたいと思います。

IMG_1039 P5150350 P5150414 P5150385 P5150443 IMG_1628 IMG_1761 IMG_1826 P5150468 IMG_1681 IMG_1851-2