平成29年度 第48回伊是名村戦没者慰霊祭 

 先の大戦において伊是名村で亡くなられた軍人軍属261名、一般人172名、合計433名を弔う慰霊祭が6月23日伊是名村慰霊塔で行われ、生徒会執行部が中学校代表として参加しました。中学校ではこの慰霊の日に向けて様々な取り組みをしてきました。その中で全校生徒で考えた平和の詩があります。戦争とは何か?平和とはなにか?みんなの思いをこの詩に込め作りました。

 戦争の恐ろしさ、悲惨さを忘れないために、それを代々に伝え、平和な世界を築いていくためにと願いを込め、弔いと決意の言葉として慰霊塔の前で平和の詩を生徒会長宮城玲音さんと末吉琴音さんが読み上げました。

 この慰霊の日があるからこそ、戦争についてまた考えることができる。また平和とは何か?深く考えることができる。そういったことができるこの日が平和へと繋がる大きな一歩になっている。私たちが希望を胸に平和を築いていきましょう!

平和の詩

 

IMGP3965 IMGP3977IMGP3998 IMGP3997 IMGP3996 IMGP3995