⑪ 5 / 28 「授業参観」

 5月28日(木)の2校時は、1学年国語、2学年社会、3学年理科と全学級が学級担任の授業でした。1年生の授業では、最初に板書された4つの漢字「①子守熊 ②粥 ③紅鶴 ④混)の読みのクイズを行っていました。授業がスタートして先週は緊張した様子も見られましたが、今日は、とても楽しそうに活発に手をあげ見慣れない漢字の正解を求めて答えていました。質問するときも、「質問していいですか」と学習規律もしっかりしています。最後の4つめの漢字の読みはなかなか難問でしたが、ある生徒が正解に近いヒントとなる答えを出し、それを聞いた次の生徒が見事正解しました。よいヒントを出した生徒も先生はしっかりと賞賛され、楽しく漢字を学べていました。2年生の社会の授業のねらいは、「時差マスターになる」でした。国と国の間の時差を求めるため、グループ、ペアで聞き合い教え合いながら計算をして答えを求めていきました。取り組んでいく中で「これって数学じゃないか」という生徒もおり、ほかの教科で学んだことが別の教科にもつながっていることを実感したのではないでしょうか。3年生は、理科で遺伝子の仕組みについての授業でした。基本的なことを確認した後、生徒からの「クローン」についての発言から、同じ遺伝子が繰り返されることによりどのような影響が出てくるか?ということをペアで意見交換していきました。どのペアもほぼ同じ結論にたどりつき、先生からのこれよって人類に与える影響についてのお話をしっかりと聞き入っていました。